車麩丼

「うちの社食」

ラタリッシュを運営するFLOWER GARDENでは、社長が20分くらいの時間で「社食」を作っていました。
短い時間で、有り物で、バランス良く、を心がけた社食をご紹介します。
ただ、いつも、感覚的にぱぱっと作っているので、調味料が何グラムかとかは全く考えておりません(^_^;
でも、味付けって、決してレシピどおりが良いわけではないです。
ご自身のお好みの味を作り出すのも、楽しみの1つだと思います。

車麩丼 レシピ

材料
車麩(一人1枚)、ご飯、卵
だし汁、しょうゆ、みりん、酒

1. 車麩を1時間ほど水に浸して戻す。
2. だし汁、しょうゆ、酒、みりんを合わせて、10分ほど煮る。
3. 水に戻した車麩を2の鍋に加え、味が染み渡るように5分ほど煮る。
4. 3に粗く溶きほぐした卵を落とし、卵が半熟になるくらい煮る。
5. 丼に盛り付けたご飯に4を乗せる。

車麩は、金沢に伝わるお麩です。
長い棒に、グルテンを巻いて焼き、更にその上にグルテンを巻いて焼き…バームクーヘンのように作られます。
芳ばしく、弾力があり、煮物にぴったり。
お肉のような満足感があります。

車麩丼 / インゲンのバターいため / トマト / もやしと大葉のおひたし / きゅうりの糠漬け / あおさの味噌汁